Back

メールマガジン「法円坂」臨時号(2006/9/5)(独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   メールマガジン「法円坂」臨時号(2006/9/5)
             (独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
臨時号の目次
 ・「新型インフルエンザ開発のための治験」のお知らせ


=============================
  「新型インフルエンザ開発のための治験」のお知らせ
=============================
              治験管理センター長 楠岡英雄


 今年もインフルエンザのシーズンが近づいて来ました。

 新型インフルエンザの前触れのように鳥インフルエンザ(H5N1型)のヒトでの感染 例が相継いで報告されています。WHOによれば、これまでに241例の報告があり、141例 が死亡しています。

 さて、当院では新型インフルエンザ開発のための治験を開始致します。これはトリ 型インフルエンザワクチン(H5N1型)の治験です。新型インフルエンザはH5N1型と予 測されており、全く新しいウイルスであるため、現在接種されているインフルエンザ ワクチンでは効果が期待できません。そこで、H5N1型インフルエンザウイルス出現に 備えて、H5N1型インフルエンザウイルスに対するワクチンの治験を行うことになりま した。

 治験の参加予定期間は、1回目接種日から事後検査日(2回目治験薬接種約3週間 後)まで、約8週間です。その間、計3回来院していただき、治験薬(ワクチン)の接 種、診察、検査を行います。また、1回目及び2回目の治験薬接種当日を含めそれぞれ 7日間、毎日、体温測定や体調の変化等を健康観察日誌に記載していただきます。

 この治験は全国の治験を行うことのできる病院で実施され、合計で300人の参加を予 定しています。当院でも健康成人30名を対象に実施します。

 この治験にご関心がある方は、当院・治験管理センターまで、お問い合せ下さい。

 なお、本治験はインフルエンザシーズンまでに終了する必要性があり、短期間での 実施となっており、治験参加への申込期間は9月7日(木)までとなっております。 また、ご協力頂ける方には、些少ですが謝金(被験者負担軽減費)を御支払させてい ただきます。

[問い合わせ先]
国立病院機構 大阪医療センター 治験管理センター
 06‐6946‐3581(平日8:30〜17:00)

 治験参加の申込期間は9月7日(木)までです。


****************************************************************************
総編集長:病院長 廣島和夫
編 集 長:副院長 楠岡英雄、恵谷秀紀、看護部長 山田泰子 
編   集:横田尚子
発  行:独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター院長室
         (〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14)
****************************************************************************

このメールマガジンは、バックナンバーも見ていただけます。
(以下のURLからお入り下さい)
http://m-maga.onh.go.jp

メールマガジンのご感想をお聞かせ下さい。
www-adm@onh.go.jp

 

Back